交差点等の通行・踏切

自動車を運転する人が注意を怠ると大事故につながる恐れのある場所、その代表は交差点でしょう。信号機のある場所は、歩行者が必ず通行する可能性があります。従って、このような場所では十分注意し安全運転に心がけましょう。特に、歩行者や他の車両との接触の可能性が高くなる左折・右折の際には、いくつかの注意点があります。まず事前に十分減速しておくこと。そして徐行運転、必要に応じて停止することが重要です。確認はミラーだけでなく、必ず目視することも巻き込み事故を防ぐポイントです。そして、決して無理な侵入はしないことです。大事故の恐れのある一つのポイントである踏切を確認したら、窓を開けることが大切です。列車の走行を知らせる警告音を聞き漏らすことの無いようにするためです。踏切に侵入する直前には、必ず一時停止することが法律で義務付けられています。列車が来ないからといって、一時停止を怠ってはいけません。停止中にもし警告音が鳴ったり遮断機がおりたりした場合には無理に渡ってはいけません。一時停止の際に、進路の安全走行が可能であるかを十分に確認することが重要です。自身の運転する車が入るだけの十分なスペースが確保できない場合には停止して待つ必要があります。見切り発車は列車との接触の可能性につながり、ひいては重大な事故につながる恐れがあるからです。