‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

踏切外への移動は、列車の運転者などに知らせた後に

2014/04/19

私たちは日常的に車を運転することが多くあり、それを利用することで生活を成り立たせていることとなっているのです。もしみなさんが車を運転する立場であるならば、もしもの事があった場合にはいつでも冷静にその後のことを対処できるように、普段からトレーニングやイメージをしておくことが必要となります。特にあまり普段では考えられないようなことが起きた時に、それが思わぬ死亡事故にまで発展する恐れがあることが、車の運転におきましては非常に怖い面でもあるのです。その代表的な例は踏切での死亡事故になります。
踏切で死亡事故があるようなことを、私たちはテレビなどの報道によって知らされることがあります。しかし実際に身近にそのようなことが起こることは滅多にないものです。ですから踏切に関してのいざという時の対応ができにくいことがあったりするのです。万が一踏切内で車がストップしてしまった場合には、まずは列車にそれを知らせる事を優先させることを覚えておいて下さい。
と言いますのも、列車は非常に重たい車両となりますから、止まるまでにかなりの距離を要することとなるのです。早めから踏切支障報知装置を作動させたり発煙筒を焚いて通報することで、列車に遠くで止まってもらうことが可能となります。脱出はその後からということになります。

踏切上で故障したら列車の運転士などへの通報

2014/04/19

多くのドライバーが道路上で様々な怖い経験をされていることでしょう。ヒヤリハットというような交通事故になる寸前の出来事を経験されている事もあり、また交通事故にまで至ったことのある方もいらっしゃるかも知れません。できるだけ交通事故に遭わないように工夫して運転をすることが、自分自身の身を守る事へもつながるのです。
道路上の中でも、交差点や踏切内はとても危ない箇所としても有名な所です。このような所で交通事故になってしまいますと、下手をするとそれは死亡事故にまで発展することとなりますので、注意が必要なのです。特に踏切におきましては、列車と衝突すると車はメチャメチャに破壊されます。もし車内に人が取り残されていれば、その人の命の保証はできないものとなることをドライバーは知っておかなければなりません。直ちに人命を救出するための措置を講じる必要が出てきます。
まず第一にすることは、とにかく列車の運転手に知らせる事です。踏切に非常ボタンが設置されていることが多くありますから、これを押すだけで列車に知らせることができる仕組みとなっているのです。そうしますと列車は緊急的に止まってくれるのです。中にはこのようなボタンの無い踏切も多くありますので、その様な時には車に設置してある発煙筒を焚いて、煙によって列車に知らせるようにして下さい。

踏切内はエンスト防止のため変速操作をしないで、低速ギアのままやや中央寄りを一気に通過

2014/04/19

自動車教習所では、様々なシチュエーションを想定して教習を行なっていきます。
直線道路に障害物がおいてあるときには、それは路上に駐車している車の追い越しの教習の時に使用します。
コースの中に坂があるとき、それは坂道発進の教習を意味します。
そして教習コースの中に踏切が設置されている場合も。
これは、踏み切りを横断する教習です。
他は多少特殊な形状をしておりますが、踏み切りというのは特に坂もありません。
なぜ踏み切り画教習で重要かというと、多少特殊な操作が必要となるからです。
踏み切りの前では、まず一時停止をしなければなりません。
そして窓をあけて、警笛が鳴っていないか、あるいは電車の音が聞こえるかなどをチェックします。
その確認が終了すると、次は踏み切りをわたるわけですが、この際には、ギアは1速のままです。
踏み切りの途中で2速に変速操作をしてはいけません。
これはなぜかというと、変速のタイミングと踏み切りのレールが重なると、場合によってはエンストをしてしまうからです。
また、あまり端を走りますと脱輪をしますので、やや中央寄りを走るのもポイント。
万が一踏み切りの中でエンストをした場合、マニュアル車であればそのままスタートキーをまわし続ければ脱出が出来ます。

一時停止と目および耳による安全確認を忘れずに

2014/04/19

道路を走っていて踏切の手前にさしかかった時は必ず一時停止をして、電車の通行がないかどうかを確認した上で前進することが出来ます。特に環状線などで本数の多い電車が通る踏切の場合は遮断機が下がっていないかの目視だけでなく、電車が通過することを知らせる音を察知するために耳での確認も忘れずに行い、しっかりと安全確認を行います。
踏切内で自動車と電車が接触して事故を起こした場合は大変危険性があり、電車の運行にも大きな支障をきたします。このことから踏切を通過する際には、電車が通過しないことの安全確認は必ず必要になってきます。しかし踏切通過の際にトラブルが起こることもありえます。
線路内で自動車が故障して動かなくなった場合は、警報機の柱に取り付けられている押しボタン式の踏切支障放置装置を活用し、踏切内に停止している車があることを列車の運転士か警察に連絡します。その後まずは車を踏切の外に移動させます。人力で手押しで動く場合は付近の人の協力を得て車を踏切の外に押し出します。踏切支障放置装置のない場所では車内に常備してある発煙筒を使って、踏切内に呈した車があることを列車の運転士に分かるように出来るだけ早めに知らせるようにします。

踏切の通過方法と踏切上での故障時の措置

2014/04/19

電車か通る踏切内の事故は命に関わる重大な事故に繋がる可能性があり、クルマを運転される方は安全にこの場所を通過しなければいけません、まず線路を通過する前には必ず一旦停止をするのですが警報機が鳴っていなくても遮断機が降りて無くても必ず一旦停止をしなくてはいけません、ほとんどの場合は停止線がありますので停止線の少し前で確実にクルマを停止させます。減速だけをするなどの行為はだめで確実にクルマを停止させ左右の安全確認をして電車が来ていないことを確認します。この時に窓を開けて音を確認することも大事です。安全確認が完了したら線路の向こうに進めるスペースがあるかの確認をして進みます。進んでいる時には端っこを通ると脱輪する可能性がありますので注意が必要となり、もし線路上で故障などのトラブルで停止してしまった時は冷静になり列車に危険を知らせなくてはいけませんので支障報知装置と言う非常ボタンを押して駅に連絡をします。この非常ボタンが無い場合はクルマを線路上から動かすことよりも先にクルマに備え付けてある発炎筒や服、タオルなどを使用して列車の運転手に危険を知らせなければいけません、その後クルマを線路上から移動させます。

交通整理の行われていない交差点の通行方法

2014/04/19

私たちがいつも利用している道路には、毎日のように非常に多くの方がそこを通行している現状があるものです。多くの方の進行方向もそれぞれまちまちとなり、通常で考えますと道路が大混乱に巻き込まれてもおかしくないような状況にあることがわかります。ところが実際にはそのようなことは殆ど起こっていません。これはルールがしっかり決められているからと考えられるのです。またルールが決められているだけではなく、それを守った上で通行していこうとする一人一人の考え方の表れでもあるとも言えるのです。このように、うまく交通社会の流れが作られていることがよく分かります。
特に道路を通行する車におきましては、ルールをしっかりと守った上で通行していかなければなりません。四輪車のようなものは箱状の移動手段となるものですので、そのようなただでさえ場所を取るようなものが好き勝手に動かれてはこまります。交通事故や渋滞の元ともなりますので、ドライバーはルールを遵守することが必要なのです。
交差点におきましてはそれが特に求められる場面となるでしょう。信号機がついていればそれに従って通行すれば良いのですが、もしなければ優先道路の優先権を守る必要があります。同じ道幅であれば左方優先というルールがあり、その他にも場面によっての優先権があることになっています。

交差点を通行するときの注意点

2014/04/19

自動車が交差点を通行するときに右折・左折するときは内輪差が生じます。これは自動車の後輪が前輪の内側を通ることから前輪と後輪の通行位置の差のことを言います。この差というものは車体の長さが長くなるほど大きくなるので大型車などは特に大きな差が生じます。
このことから右左折する際に注意しなければならないのは、内側にいる歩行者や自転車などの巻き込みがないように走行することです。大きな車体ほど運転席側から左後方で見えない部分があるので、左折する際の歩行者や自転車がいないか車が曲がる前の確認は重要になります。
左折の際に車体の内側で二輪車の走行がないか確認することも重要です。左折するときは出来るだけ道路の左側に寄り道路の側端に沿って徐行する必要があります。また右折をするときは、あらかじめ出来る限り道路の中央に寄って、道路の交差する内側を徐行する必要があります。
歩行者に注意して出来るだけ大きくまわる方が安全かも知れませんが、大型車が大回りで右左折を行う光景をよく見かけますが、センターラインを超えてしまい反対車線にはみ出して走行することは反対車線から来る車との接触も考えられ、危険性があるので極端に曲がるときに大回りをすることは避けましょう。

原動機付自転車の二段階右折のやり方

2014/04/19

道路の交差点で右折する時に交差点の端側に沿って曲がる事をいいます。

日本では、自転車を含む軽車両がすべての交差点で義務付けられています。 原付は、状況によって異なります。 交通整理の行われている交差点で『原動機付自転車の右折方法(二段階)』の標識がある場合はやらないと交通違反になります。 その他に交通整理の行われている交差点において、右左折車線も含めて道路の片側に3以上の通行帯がある場合。これもやらないと交通違反になりますが、二段階右折禁止(小回り)の標識があれば、やらなくても交通違反になりません。

では、やり方ですが、交差点に差し掛かったら右折せずに交差点を直進して通過します。交差点を通過したら、道路の左側に原付を一旦停車して進行方向を右に変えて向かいの信号が青に変わるまで待ちます。 向かいの信号が青に変わったら交差点を直進して通過します。 これで二段階右折は終了です。

交通整理が行われている交差点はこれでよいですが、交通整理が行われていない交差点では、自動車などの通常の右折のやり方同様に対向車の直進や左折の進路妨害をしてはなりません。

大型二輪や普通二輪と異なり、結構煩わしい事があるのが原付特有の事です。

交差点等の通行方法

2014/04/19

車の運転で気をつけるべきことは沢山ありますが、特に人の行き交いが多い交差点などでは注意が必要です。
このような場所では一旦停止して確認、徐行といった所が多いですが、最近は一旦停止を無視した運転を良く見かけます。
特に踏切での一旦停止無視。何もないかのようにスピードをゆるめず走り去る車があります。
電車が来ていないから、来る気配がないから一旦停止しなくても良いのか?
運転手が注意すべきなのは電車だけでは有りません。歩行者やバイク・自転車など全てのものの安全に気をつけて運転すべきなのですが、モラルの欠如なのか、交通ルールを守れない人が居るようです。
狭い道などは人と自転車の行き交いなどで、車道に飛び出す危険もあります。また自転車や人の転倒があるかもしれません。とっさにブレーキをふんでも、スピードが出ている状況では大事故となる可能性があります。交差点など人通りの多い場所では、特にこのような事に注意して運転する必要があるのです。
歩行者専用ゾーンなどが無い場所では、特に歩行者等の横を通る際は徐行するよう心がけましょう。
運転手が徐行しているつもりでも、わりとスピードが出ていることがあります。歩行者にしてみれば、どんなにスピードを緩めた車でも、ぎりぎりを通られればヒヤっとする事も。ハンドルを握る際は、歩行者の気持ちにもなって、安全運転を心がけましょう。