原動機付自転車の二段階右折のやり方

道路の交差点で右折する時に交差点の端側に沿って曲がる事をいいます。

日本では、自転車を含む軽車両がすべての交差点で義務付けられています。 原付は、状況によって異なります。 交通整理の行われている交差点で『原動機付自転車の右折方法(二段階)』の標識がある場合はやらないと交通違反になります。 その他に交通整理の行われている交差点において、右左折車線も含めて道路の片側に3以上の通行帯がある場合。これもやらないと交通違反になりますが、二段階右折禁止(小回り)の標識があれば、やらなくても交通違反になりません。

では、やり方ですが、交差点に差し掛かったら右折せずに交差点を直進して通過します。交差点を通過したら、道路の左側に原付を一旦停車して進行方向を右に変えて向かいの信号が青に変わるまで待ちます。 向かいの信号が青に変わったら交差点を直進して通過します。 これで二段階右折は終了です。

交通整理が行われている交差点はこれでよいですが、交通整理が行われていない交差点では、自動車などの通常の右折のやり方同様に対向車の直進や左折の進路妨害をしてはなりません。

大型二輪や普通二輪と異なり、結構煩わしい事があるのが原付特有の事です。

コメントは受け付けていません。