踏切外への移動は、列車の運転者などに知らせた後に

私たちは日常的に車を運転することが多くあり、それを利用することで生活を成り立たせていることとなっているのです。もしみなさんが車を運転する立場であるならば、もしもの事があった場合にはいつでも冷静にその後のことを対処できるように、普段からトレーニングやイメージをしておくことが必要となります。特にあまり普段では考えられないようなことが起きた時に、それが思わぬ死亡事故にまで発展する恐れがあることが、車の運転におきましては非常に怖い面でもあるのです。その代表的な例は踏切での死亡事故になります。
踏切で死亡事故があるようなことを、私たちはテレビなどの報道によって知らされることがあります。しかし実際に身近にそのようなことが起こることは滅多にないものです。ですから踏切に関してのいざという時の対応ができにくいことがあったりするのです。万が一踏切内で車がストップしてしまった場合には、まずは列車にそれを知らせる事を優先させることを覚えておいて下さい。
と言いますのも、列車は非常に重たい車両となりますから、止まるまでにかなりの距離を要することとなるのです。早めから踏切支障報知装置を作動させたり発煙筒を焚いて通報することで、列車に遠くで止まってもらうことが可能となります。脱出はその後からということになります。

コメントは受け付けていません。