踏切の通過方法と踏切上での故障時の措置

電車か通る踏切内の事故は命に関わる重大な事故に繋がる可能性があり、クルマを運転される方は安全にこの場所を通過しなければいけません、まず線路を通過する前には必ず一旦停止をするのですが警報機が鳴っていなくても遮断機が降りて無くても必ず一旦停止をしなくてはいけません、ほとんどの場合は停止線がありますので停止線の少し前で確実にクルマを停止させます。減速だけをするなどの行為はだめで確実にクルマを停止させ左右の安全確認をして電車が来ていないことを確認します。この時に窓を開けて音を確認することも大事です。安全確認が完了したら線路の向こうに進めるスペースがあるかの確認をして進みます。進んでいる時には端っこを通ると脱輪する可能性がありますので注意が必要となり、もし線路上で故障などのトラブルで停止してしまった時は冷静になり列車に危険を知らせなくてはいけませんので支障報知装置と言う非常ボタンを押して駅に連絡をします。この非常ボタンが無い場合はクルマを線路上から動かすことよりも先にクルマに備え付けてある発炎筒や服、タオルなどを使用して列車の運転手に危険を知らせなければいけません、その後クルマを線路上から移動させます。

コメントは受け付けていません。