踏切上で故障したら列車の運転士などへの通報

多くのドライバーが道路上で様々な怖い経験をされていることでしょう。ヒヤリハットというような交通事故になる寸前の出来事を経験されている事もあり、また交通事故にまで至ったことのある方もいらっしゃるかも知れません。できるだけ交通事故に遭わないように工夫して運転をすることが、自分自身の身を守る事へもつながるのです。
道路上の中でも、交差点や踏切内はとても危ない箇所としても有名な所です。このような所で交通事故になってしまいますと、下手をするとそれは死亡事故にまで発展することとなりますので、注意が必要なのです。特に踏切におきましては、列車と衝突すると車はメチャメチャに破壊されます。もし車内に人が取り残されていれば、その人の命の保証はできないものとなることをドライバーは知っておかなければなりません。直ちに人命を救出するための措置を講じる必要が出てきます。
まず第一にすることは、とにかく列車の運転手に知らせる事です。踏切に非常ボタンが設置されていることが多くありますから、これを押すだけで列車に知らせることができる仕組みとなっているのです。そうしますと列車は緊急的に止まってくれるのです。中にはこのようなボタンの無い踏切も多くありますので、その様な時には車に設置してある発煙筒を焚いて、煙によって列車に知らせるようにして下さい。

コメントは受け付けていません。