一時停止と目および耳による安全確認を忘れずに

道路を走っていて踏切の手前にさしかかった時は必ず一時停止をして、電車の通行がないかどうかを確認した上で前進することが出来ます。特に環状線などで本数の多い電車が通る踏切の場合は遮断機が下がっていないかの目視だけでなく、電車が通過することを知らせる音を察知するために耳での確認も忘れずに行い、しっかりと安全確認を行います。
踏切内で自動車と電車が接触して事故を起こした場合は大変危険性があり、電車の運行にも大きな支障をきたします。このことから踏切を通過する際には、電車が通過しないことの安全確認は必ず必要になってきます。しかし踏切通過の際にトラブルが起こることもありえます。
線路内で自動車が故障して動かなくなった場合は、警報機の柱に取り付けられている押しボタン式の踏切支障放置装置を活用し、踏切内に停止している車があることを列車の運転士か警察に連絡します。その後まずは車を踏切の外に移動させます。人力で手押しで動く場合は付近の人の協力を得て車を踏切の外に押し出します。踏切支障放置装置のない場所では車内に常備してある発煙筒を使って、踏切内に呈した車があることを列車の運転士に分かるように出来るだけ早めに知らせるようにします。

コメントは受け付けていません。