交差点等の通行方法

車の運転で気をつけるべきことは沢山ありますが、特に人の行き交いが多い交差点などでは注意が必要です。
このような場所では一旦停止して確認、徐行といった所が多いですが、最近は一旦停止を無視した運転を良く見かけます。
特に踏切での一旦停止無視。何もないかのようにスピードをゆるめず走り去る車があります。
電車が来ていないから、来る気配がないから一旦停止しなくても良いのか?
運転手が注意すべきなのは電車だけでは有りません。歩行者やバイク・自転車など全てのものの安全に気をつけて運転すべきなのですが、モラルの欠如なのか、交通ルールを守れない人が居るようです。
狭い道などは人と自転車の行き交いなどで、車道に飛び出す危険もあります。また自転車や人の転倒があるかもしれません。とっさにブレーキをふんでも、スピードが出ている状況では大事故となる可能性があります。交差点など人通りの多い場所では、特にこのような事に注意して運転する必要があるのです。
歩行者専用ゾーンなどが無い場所では、特に歩行者等の横を通る際は徐行するよう心がけましょう。
運転手が徐行しているつもりでも、わりとスピードが出ていることがあります。歩行者にしてみれば、どんなにスピードを緩めた車でも、ぎりぎりを通られればヒヤっとする事も。ハンドルを握る際は、歩行者の気持ちにもなって、安全運転を心がけましょう。

コメントは受け付けていません。