交差点を通行するときの注意点

自動車が交差点を通行するときに右折・左折するときは内輪差が生じます。これは自動車の後輪が前輪の内側を通ることから前輪と後輪の通行位置の差のことを言います。この差というものは車体の長さが長くなるほど大きくなるので大型車などは特に大きな差が生じます。
このことから右左折する際に注意しなければならないのは、内側にいる歩行者や自転車などの巻き込みがないように走行することです。大きな車体ほど運転席側から左後方で見えない部分があるので、左折する際の歩行者や自転車がいないか車が曲がる前の確認は重要になります。
左折の際に車体の内側で二輪車の走行がないか確認することも重要です。左折するときは出来るだけ道路の左側に寄り道路の側端に沿って徐行する必要があります。また右折をするときは、あらかじめ出来る限り道路の中央に寄って、道路の交差する内側を徐行する必要があります。
歩行者に注意して出来るだけ大きくまわる方が安全かも知れませんが、大型車が大回りで右左折を行う光景をよく見かけますが、センターラインを超えてしまい反対車線にはみ出して走行することは反対車線から来る車との接触も考えられ、危険性があるので極端に曲がるときに大回りをすることは避けましょう。

コメントは受け付けていません。