交通整理の行われていない交差点の通行方法

私たちがいつも利用している道路には、毎日のように非常に多くの方がそこを通行している現状があるものです。多くの方の進行方向もそれぞれまちまちとなり、通常で考えますと道路が大混乱に巻き込まれてもおかしくないような状況にあることがわかります。ところが実際にはそのようなことは殆ど起こっていません。これはルールがしっかり決められているからと考えられるのです。またルールが決められているだけではなく、それを守った上で通行していこうとする一人一人の考え方の表れでもあるとも言えるのです。このように、うまく交通社会の流れが作られていることがよく分かります。
特に道路を通行する車におきましては、ルールをしっかりと守った上で通行していかなければなりません。四輪車のようなものは箱状の移動手段となるものですので、そのようなただでさえ場所を取るようなものが好き勝手に動かれてはこまります。交通事故や渋滞の元ともなりますので、ドライバーはルールを遵守することが必要なのです。
交差点におきましてはそれが特に求められる場面となるでしょう。信号機がついていればそれに従って通行すれば良いのですが、もしなければ優先道路の優先権を守る必要があります。同じ道幅であれば左方優先というルールがあり、その他にも場面によっての優先権があることになっています。

コメントは受け付けていません。